クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは「こんな便利なものを作りたい」「こんなサービスを展開すれば世の中が変わる」など、やりたい事や、叶えたい夢、達成したい目標をインターネットの特定のプラットフォームを掲載し、共感者から支援を募り開発資金や運転資金を募る方法です。

従来の資金調達は銀行などの公的機関や
投資家、VCなどからの調達が通常の流れ
クラウドファンディングとは
クラウドファンディングはWEB上で不特定多数の人に呼びかけ資金を募る
クラウドファンディングには主に下記のタイプがあります
クラウドファンディングの種類
・購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングとは主に支援金額に応じて、物や事をリターンとして受け取れるクラウドファンディングです。起案者は開発したい製品や、展開したいサービスの特典等をリターンとして主に用意します。

支援者は支援する事で未だ世に無い魅力的な製品をいち早く手に入れる事が出来る他、クラウドファンディングの支援者限定の特典付きのサービスを受ける事ができるメリットがあります。

・寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングとはプロジェクトに対して支援した際、基本的にはリターンは返ってきません。(手紙や御礼のメール等がリターンとして返ってくるプロジェクトもあります。)

被災地の支援やボランティア活動への支援など社会貢献のプロジェクトが多く、支援者は寄付という形で支援する事が出来ます。

・融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングとは主に資産運用を行いたい投資家が資金を募る企業に対し支援するクラウドファンディングです。

プラットフォームの運営者はWEB上でファンドを形成し投資家に対し起案企業への出資を小口で募り、集まった資金を融資として起案企業は受け取ります。起案企業は金利分を含めた金額を返済し、出資者は投資元本に加え利率に応じて利回りとして返ってきます。

・投資型クラウドファンディング

投資型クラウドファンディングとは出資者はリターンとして株式を取得する事が出来ます。

出資者は支援する事で未上場の企業に投資する事が出来ます。また起案企業の多くは上場やバイアウトを視野に入れたベンチャー企業も多いので大きなリターンが得られる可能性もあります。

成長を続けるクラウドファンディング市場
クラウドファンディングの市場推移

国内におけるクラウドファンディングの市場規模は年々軒並み右肩上がりです。2013年のスタート以降2017年には1090億円(見込み)と約8倍の規模に成長しています。

また全てのタイプのクラウドファンディングで成長しており、特に融資型のクラウドファンディングの成長は著しいものがあります。

とはいえクラウドファンディングという言葉自体まだまだ世間には知られていません。

しかしながらそれはまだまだこれからクラウドファンディングが成長していくであろう材料になるかもしれません。

1歩を踏み出す勇気とPCさえあれば誰でも挑戦できる

クラウドファンディングはその名の通り、不特定多数の人からネット上で資金を募る事ができます。

プロジェクト実行者はPCさえあれば簡単にプロジェクトを立ち上げる事ができます。

クラウドファンディングというプラットフォームは誰でも簡単に声をあげることの出来る場所です。

「こんな物をつくりたいけど資金がない」「こんなサービスがあったら皆に喜んでもらえるのに需要があるか分からない」「今自分がやっている事をたくさんの人に知ってほしい」「この人のの為に何かしてあげたい」

きっかけは何でも良い、小さな声でも発信して色んな人にそのモノを作る背景やサービスを展開する目的を知ってもらう。共感者が一人、二人とその輪がどんどん広がっていく。

それがクラウドファンディングという場所の魅力です。

もちろんプロジェクトを実行し成功させるにはプロジェクトの内容、発信のタイミング、事前準備と計画が必要不可欠です。

人は一人で出来る事には限界があります。一人で頑張っている気になっていてもそこには必ず周りの人のサポートやご縁があります。

私たちFUNDING BASEは一人で頑張ろうとしているあなたや、クラウドファンディングを成功させたいけど自信がない、誰か手伝って欲しい、そんなニーズにお応えします。

更新日:

Copyright© FUNDING BASE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.